探偵長崎

e-探偵長崎ガイド


HOME >> 尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員



尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかに


尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。


言うまでもありませんが、調査員が少ない人数なら安く、増えるほど高くなります。そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。
もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査期間は短くなりますので、それだけ調査費用が節約できるわけです。といっても、いつ浮気をしているのかを気づいている場合でも、知人に相談して写真を撮るようにすると、骨折り損になることは確実です。気づかれずに写真撮影を行うには長崎の探偵に頼むのが一番いいに決まっています。
ケータイの通話履歴から浮気の証拠が掴めます。
携帯電話は浮気相手との連絡手段として当たり前のように使われるからです。

近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。何気なく電話していることももちろん考えられます。
GPS端末を使い、毎週のように行っている所を検索して、見張っていれば、パートナーが現れるはずですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。

懐具合が心もとないときには、地図情報システムで調査するのも、試してみたいやり方です。GPS端末が付けられていることが知られてしまう事があります。
浮気の調査をするときには、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、本当に浮気なのかを調査員が1人で大体の場合は行います。
浮気をしている証拠をつかんだら、再度計画を立てて浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。レシートやクレジットカードを確認すると浮気を確定することもあります。まず、普段は入らないような毎回、コンビニのレシートを見ることが多くなったら、その周辺に普段から何度も行っていることになるのです。


そこで見張っていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。
長崎の探偵の一部はアルバイトの例があってしまうのです。アルバイト、長崎の探偵で検索すれば、その仕事の募集を見つけるでしょう。

これからわかることは、バイトを働かせている長崎の探偵事務所も多くの例があるということです。



浮気調査をさせようとするときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえて惨憺たる状態になるのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。


夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、殺人にまで到ってしまうシナリオもよくありますね。


浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも方法としてアリです。離婚も辞さない覚悟なら、問題ないかもしれません。自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。
慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな事を鑑みて裁判所が決定します。浮気を調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、高料金に設定されている事務所ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、それ以上、料金がかからないような長崎の探偵社が安心安全です。また、長崎の探偵業の許可を取得しているのか事前調査が必要です。
法に反して調査を実施している業者には依頼しないように気を付けましょう。

関連記事です




Copyright (c) 2014 e-探偵長崎ガイド All rights reserved.

▲TOP